メールがない時代の恋人たち

現代日本の恋人達が、ケータイやネットを駆使して男女交際を楽しんでる様子を、40代以降の方達はどんな目でみてるんでしょう。「ああ、俺たちの時代に、ああいうのがあったらなぁ」羨ましく思ってる方が多いかもしれません。
ケータイなら、電話連絡のような、女性の親父さんという恐い大関門を通ることなく、直で女生徒連絡がつきます。メールなら着信音さえ立てずに、時間と場所かまわず、女性とお話することができてしまいます。何か親父に言われても、「カレシじゃないよ。ただのメル友だよ」という言い訳もできますしね。
ケータイとかメールが、現代若者の恋愛に便利なツールである反面、弊害というか、悪い面もあります。つまり、ラブレターが電子メールに変わっただけであり、その男性が他の女性にもラブレターを送ってるかもしれない疑わしさは、変わってません。
メールを送ったら、なるべく早く返事がほしいものですが、相手からなかなか来ない。「おかしいな。まだ寝てないから、すぐに返信できるはずなのに。もしかしたら浮気でもしてるのでは?」こんな疑心暗鬼と束縛も生じてるのです。いくら相手を愛しいと思っても、限度を超えるプライベートへの介入はよくないですね。
メールにはそんなデメリットがあるものの、やはり昔のように公衆電話に並ばなくても済むケータイは重宝なものです。
ケータイは40代以上の方達も、今や立派に使いこなし、親しんでるのですが、ご自分がもっと若い頃、20代の頃にケータイを使っていたら、果たして今のお相手と結婚してたかどうか、わかりませんね?

関連ページ