メールはコミュニケーションだという事

女性とのメール交換において、男性は相手の話を聞くことに徹しつつ、楽しむことができればベストであると解説してきました。でも、その行為の真の目的は相手に喋らせる事ではなく、相手との関係を深めていくことで、そのためのベストな方法が聞き役に徹することなのです。この点を勘違いしてはいけません。
聞き役に徹することは、相手の望みであるという部分は当然ありますが、二人の関係を深めるためのベストな方法であって、相手の個人情報を引き出すことを目標にしているわけではありません。メール交換の過程で入手した情報を活かして相手との交流を深めて、どんどん親しくなっていく。
それが最終的な目標であることを理解しなければなりません。つまり、メールで問いかけることの意味。それは、問いかけに対する答えを求めているわけではなく、そうすることがコミュニケーションを図る上でのベストなやり方だからに他なりません。このことを勘違いしないでください。
そこを間違えると、応えてくれるだけで充分ということになってしまいかねません。なので、メール交換は相手の個人情報を引き出すのではなく、相手と親しくなるための手段であることを充分に理解しておかなければなりません。
女性とのメール交換で神経をすり減らしている男性の本音では、相手が返事をくれることが100%保障されているのであれば、絶対に自分の事だけを書いたメールになるのではないでしょうか?でも、そんなことをしたら女性から嫌われてしまいますから、ほとんどの人が己の欲求を抑えて、女性にアプローチしているのです。
その行為の本来の目標を忘れないように注意しなければなりません。

関連ページ