若い世代でのメールのリアクション

17歳以下の中高生にメールでアプローチして、それに対する返信があった場合、こちらはあまり期待しないほうがいいと思います。というのも、中高生世代はあくまでもアプローチに対してのお礼を形式的にやっているだけですから。
簡単にアプローチへのお礼の文言が並んでいれば、その相手とはメール交換できないと思ったほうがいいでしょう。ごくまれに、自分が憧れる芸能人と同世代の大人とメール交換したがる子もいるために、可能性がゼロということはありませんが、それでも期待はできません。
この手の子は、基本的に長文のメールで返信してくることが多いのが特徴です。18歳以上の学生やOLなども同じで、形式的なお礼メールなら、付き合いは望めません。ただ、こちらも長文メールであれば、望みがなくはないですね。
要するの、この世代というのは、メールに対する返信のスピードで相手へ意志を伝える傾向があります。自分が送ったメールに素早いレスポンスがあった場合は、メールの文章がどであれ、それなりにチャンスはあると見てもいいでしょう。
逆に返信をもらうことができても、返信に時間がかかったり、形式的な内容であれば、望みは薄いと思います。メールに「絡んでほしい」という表現があっても過度な期待をしてはいけません。これは肉体関係を意味しているのではなく、サイトの専門用語で軽く遊ぶという意味ですから注意してくださいね。

関連ページ